Pocket

出会いカフェキラリ池袋東口店

セクキャバもいいけれど個人的にいまいちよく分かっていないという理由で興味があった出会いカフェ。

出会い喫茶とも呼ばれるこの場所は、男性客と女性客が分かれて座り、気に入った子がいればツーショットトークをして気が合えば外出するというものです。

果たしてどうなったのか、レポートをお楽しみください。

 

出会いカフェキラリ池袋東口店に行くまで

出会いカフェキラリ池袋東口店があるのは池袋駅東口徒歩数分。大きな通り沿いにあるので迷うことはないと思います。

逆に大きな通り沿いにあるので人の目が気になる人は少しだけ気になっちゃうかもしれません。

 

出会いカフェとは

出会いカフェがいまいち分からないという私のような方もいると思うので、一応システムを紹介します。

ほとんど同じだと思いますが、出会いカフェキラリに限定すると、入会料と入場料、そして女の子と気が合えば退出するときの退室料がかかります。

入会料は初回にかかるだけなので次回からは不要です。

また、入場料はその日の24時までは全店で有効なので(チケットを渡してもらえる)、もし気に入った子がいなければ他のお店に移ることもできます(ちなみに池袋は東口店と西口店の2店舗あります)。

 

出会いカフェにかかる費用

続いて風俗遊びをするなら気になる料金システム等の費用です。

これも相場は同じだと思いますが、出会いカフェキラリに限定してみます。

  • 入会料:2,000円 1,000円
  • 入場料:2,000円
  • 退室料:2,000円

入会料はホームページに1,000円で入会できる「入会割引キャンペーン」のバナーがあるので、そちらを提示すれば1,000円で入会することができます。

なので初回はとりあえず3,000円で中に入って女の子を見ることができます。

 

出会いカフェの流れ(入店時)

入店すると店員さんがいるのでシステムを聞きます。基本的に黒服と呼ばれる人たちは怖そうなイメージがありますが、優しいお兄さんであることがほとんどです。

初回は入会金と入場料を支払い、電話番号で会員登録を済ませます。女の子に何かあったときに対応できるようこれは仕方ないと思います。

そして中へ。

 

出会いカフェの流れ(女の子選び)

男性側から見えるマジックミラー越しに女性たちが座っています。これがなかなかのアングルだったりするので少しかがめばパンチラも見放題です。

店員さんからも説明がありますが、気に入った子がいれば店員さんに告げ、女の子とツーショットトークになります。

ここで交渉が成立すれば退室料を支払ってデートという流れになります。もし交渉が成立しなければ(思ったのと違うとか、値段が高いとか)、もう一度戻って他の女の子を探しましょう。

 

出会いカフェの流れ(ツーショットトーク)

気に入った女の子が見つかれば女の子とのツーショットトークが始まります。

ここは交渉になります。建前上「出会いカフェ」となっていますが、圧倒的に多いのはいわゆる「割り切り」と呼ばれるものだそうです。

こちらから提示した金額で女の子がどう反応するかという駆け引きがあります。

もちろんお茶や食事だけ、カラオケなどに付き合ってもらうのもありです。若くてかわいい女の子だと食事だけでも1万円という相場なので、女の子にとったら良いバイトですよね。

また、いわゆる「サクラ」と呼ばれる女の子がいるのではという噂もありますが、これは風俗遊びをする上では避けられないことだと思います。

どちらかと言うとそういう子を見抜くのも風俗遊びをする上で必要な力のひとつだと言えそうです。

 

ツーショットトーク体験談

ここからは私の体験談です。

かわいいなと思う女の子はいました。しかし、実際に会話をするとなかなかふっかけてきます。

ほとんどレポート目当てだったので(あとパンチラ目当て)割り切りは考えていなかったのですが、提示される金額がかなりの高額だったため、それならデリヘルに行くでしょうと…。

会うまで顔が分かりにくいというのもありますが、出会いを求めるなら出会い系サイトを使うというのも手だと思います。

 

編集後記

池袋「出会いカフェキラリ」は初めて行ってみましたが不発の結果となってしまいました。

店員さんたちもきちんとした対応をしてくださいましたが、自分の思うようにはできずというのが正直なところでした。これらのお店は人を選ぶので、実際に女の子を見たいとか、交渉が得意という人にはおすすめできるお店です。

Pocket