Pocket

JDの風パンチラ

風パンチラを見ることができたらその日は幸せというくらい、パンチラ好きな人でなくても男なら風パンチラは好きだと思います。撮影者にとったら逆さ撮りと違って撮ろうと思って撮れるものでもないので、難易度も高いのが風パンチラ。

都内某所の地下鉄の通風口も気付けばなくなってしまったりと、有名になるほどパンチラスポットはなくなる傾向があります。もし誰かが知っていてもネットなどで言わずそっとたくさんの作品を撮ってほしいなと思ってしまったり。

アダルトビデオの中には作りものではなく「ガチ」と呼ばれるものがあるようです。そのジャンルは「トイレ」「温泉・風呂」「パンチラ」の3つなのだとか。盗撮ですね…。

その中で「パンチラ」についての記事があったのでご紹介します。「トイレ」や「温泉・風呂」についても元記事では言及しているので興味がある方はそちらもどうぞ(サイトの都合上リンクはしていません)。

 

本当にあった「ガチ盗撮AV」伝説

本当にあった「ガチ盗撮AV」伝説

内容は「自然に風でJKのスカートがめくれる様だけを収録したガチ作品」である。あの当時のパンツ盗撮系のビデオといえば、いわゆる逆さ撮りが殆どだったのだが、この風チラビデオはひと味違う。 カメラは撮影者目線で水平に保たれ、自然の大いなる力である風によって目の前を歩くJKのスカートがめくれる事を祈って何ヶ月も何年も撮り続けるという、執念としか言い様のない撮影方法なのだ。

当時パンチラ愛好家達の間では「強風スポット」に関する情報が共有されていたのだが、この作品の撮影者はカメラを持ってそこに赴き、日がな一日強風でスカートがめくれる瞬間を待ち続けた。お前は伝説の白鯨かビッグウェーブでも狙っているのかという狂気の粘りである。

そうして溜め込んだ素材を1本にまとめ、当時業界最大手だったイズエンタープライズという問屋に持ち込んだところ、内容を気に入った担当者の肝入りで大々的に発売される事となり、総尺20分という短さながら大ヒット作品となった。

風パンチラ最高ですよね。こうやって読むとマグロ漁のような雰囲気さえします。水平からのパンチラは逆さ撮りとはまた異なった魅力があります。パンチラに気付かず思いっきりめくれ上がっているのも、パンチラに気付いて恥ずかしそうにしている女の子も興奮します。

惜しくも風パンチラ作品を撮影した会社は潰れてしまったようですが、これからも風パンチラを楽しみにしたいと思います。そう言えばやっぱり風パンチラものって少ないですよね…。

 

風パンチラ作品

風パンチラ

風パンチラと言えば何を思い出しますか? やはり初期CCD企画の作品でしょうか。あとはオートネットから発売されていた「エアマスターさんの「無重力空間」」も有名ですよね。後半の別のシリーズは少し演出色が強かったですが、「無重力空間」は抜けるパンチラをたっぷりと見ることができます。

 

Twitterで見るパンチラ画像

風パンチラ

現在、試験的に行っているパンチラ画像集へのリンクです。騙しリンクやワンクリック詐欺のストレスを感じることなく見られるのでよろしければどうぞ。

「エロ画像の助」さんの風チラ画像集です。王道の後ろからもあればフロントからのパンチラもあります。フロントパンチラはなかなか見ることができませんが、もし見れたときの衝撃は半端ではありません。帰ってからさらなるおかずを元に抜くか、衝撃が冷めやまぬうちに抜くか…。

 

編集後記

やらせではない「ガチ盗撮AV」という記事をご紹介しました。パンチラ盗撮ものはアンダーグラウンドではありますが、かなり需要が高いのでこれからも繁栄してほしいと思います。スマホを使った盗撮が増えていることから世間の目が厳しいのが現実です。どうか容易に手を出さずに安全運転で行きましょう。

Pocket