Pocket

電車でパンチラしている女性

正面に座った女性が何cm脚を開けばパンチラするのか? 真面目に検証してみた1

正面に座った女性が何cm脚を開けばパンチラするのか? 真面目に検証してみた2

2015年、初夏。巷ではひそかにパンチラ発生率が増加しているという事実をご存じだろうか? ファッションの流行などに左右されやすいパンチラだが、今年のファッション業界では裾が広がったフレアスカートが流行の兆しを見せているほか、壁面がガラス張りのデザイン建築が増加し、“見上げるとパンチラ”といった事象がすでに数多く報告されている。

しかし、アラフォーリーマンにとってパンチラとは諸刃の剣。予期せぬ遭遇に対応を誤れば、痴漢の濡れ衣を着せられるかもしれないのだ。

というわけで、「あらぬ疑い」をかけられるよう対策を講じるべく、ここではパンチラ遭遇率の高い場所「電車内」について考察する。

正面に座った女性の見えそうで見えない魅惑のデルタゾーンは、男の鼓動をいつも“特急”にさせる。今回は女性たちの注意喚起を促す意味で「ヒザ上10cmのフレアスカート」と「ヒザ上20cmのタイトなデニムスカート」を履いたモデルさんに5cm単位で股を開いてもらい、座席でパンチラするしないの境界線を大検証。男の目線の位置は、日本人男性の平均身長である170cmの人が向かいに座った状況を想定した。

いったい何cm股を開けばパンチラが発生するのか? やはりというべきか「ヒザ上20cmのタイトなデニムスカート」はわずか5cmの開きでもデルタが! 対して「ヒザ上10cmのフレアスカート」は……衝撃の結果は、5/26発売の週刊SPA!に掲載されている特集『[パンチラ危険地帯]を行く』にてご確認を。この特集では電車編以外にも、「オフィス編」「路上編」と題し、パンチラ発生のメカニズムについて考察している。また、「今、パンチラ発生率の高いコーデ」「パンチラ多発地帯一斉捜査」なども掲載。予期せぬパンチラもその発生のメカニズムさえ知っておけば大人として対処できるはず。この特集でぜひともこのメカニズムをしっかりと学習しておこう!

いかにも「SPA」らしい特集なのですが…。パンチラ好きとしてはチェックしないわけにはいかないですよね。買いましたよ。あぁ買いました。立ち読みですませばよかったものを、わざわざブログ記事に使うためにと買ってしまいました。

アマゾンには週刊誌ながら珍しくレビューがありました。

パンチラ記事のモデルのビジュアルが悪過ぎる。
まったく欲情しない。

ひとつの意見がある裏にはサイレントマジョリティがあることを考慮すると、やっぱりパンチラ狙いの方はいるようです。

 

話題のパンチラ記事のモデルはこちら

【ヒザ上10cmのフレアスカート】

ヒザ上10cmのフレアスカート

 

【ヒザ上20cmのタイトスカート】

ヒザ上20cmのタイトスカート

 

「パンチラ危険地帯を行く」

引用文にもあるように5/26発売「週刊SPA!」には特集として「パンチラ危険地帯を行く」があります。さすがに販売されているものを画像をすべて掲載したりするとSPAさんを敵にしてしまうのでできませんが、内容をかいつまんでご紹介します。

現在は書店やコンビニでも販売されていると思うのでぜひご一読ください。

いつの時代も男の胸をときめかせてやまない至高の眼福”パンチラ”。代表的な多発地帯での「パンチラする・しない」の境界線、発生しやすいスポット・ファッション・メカニズムを徹底検証する!!

こうやってかかれると面白いですよね。

 

【電車編】

パンチラ電車編

電車編では「ヒザ上10cmのフレアスカート」と「ヒザ上20cmのタイトなデニムスカート」を穿いたモデルさんのパンチラを検証しています。パンチラ好きの人ならこれだけで興奮するのではないでしょうか。

 

【オフィス編】

パンチラオフィス編

オフィス編ではエスカレーターのほかに勤務中に潜むOLのエロチシズムパンチラ率の高い動きがあげられていました。

  • 脚立を使う瞬間
  • 落とし物を拾う瞬間
  • お茶を出す瞬間
  • 椅子から立つ瞬間

どれもモデルさんのパンチラ画像と一緒に掲載されています。

 

【路上編】

パンチラ路上編

路上パンチラと言えばやっぱり風パンチラ。結果は台風並みの風ではないと捲れ上がらないことが分かったそうです。

 

【パンチラ率の高いコーデ】

と言われてもこれは女性本位ですものね。ローライズデニムタイプ、フレアワンピタイプ、デニムスカートタイプ、ハイウエストスカートタイプなどがあげられていました。

ローライズデニムタイプは逆さ撮りに代表されるいわゆる「パンチラ」とは異なりますが、「コインロッカー前でも頻発」などコメントは生々しいものがあります。

 

【パンチラ多発地帯一斉捜査!!】

これが気になる人が多いと思います。ちなみに検証中も多数のパンチラがあったとか。記事内にも書かれていますが、パンチラ危険地帯として有名になると、建物の管理者によって目張りされるなどの対策がされてしまいます。パンチラスポットは知ると嬉しいですができるだけ口外しない方が良いのかもしれません。

ちなみに書かれていたのは以下の場所…

  • O線の新宿駅・六本木駅の地下鉄の長大なエスカレーター
  • T駅Y口、Rヒルズなどのガラス張りの建物
  • 渋谷の某大型施設Hの横
  • M線N駅周辺のビル風
  • チェーン店カフェの建物正面

ほかにシチュエーションとして釣り堀、花見シーズンの泥酔、女子店員のしゃがみ、靴選び、手漕ぎボートなどパンチラ好きにとっては王道のものがあげられています。

 

今回のモデル

今回の特集のモデルは葉山友香(葉山ゆか)さんと音羽あみさん。音羽あみさんはセクシー女優としても活躍されているようです。

Twitterにはパンチラ画像もありました。

こうやって自然にパンチラのやりとりができる人が羨ましいですね。私たちはこっそりと見るしかないのに…。

 

編集後記

「正面に座った女性が何cm脚を開けばパンチラするのか? 真面目に検証してみた」をご紹介してきました。

記事によるとパンチラが見えるならともかく見ようとすると捕まるそうです。パンチラスポットはあくまで穏やかにいきましょう。

Pocket