Pocket

外国人のしゃがみパンチラ

「スカートの中の盗撮」がようやく犯罪と認めれたアメリカ

携帯電話を使って13歳の少女のスカートの中を盗撮したオレゴン州在の64歳の男性に無罪判決が出たことを受け、こうした盗撮を犯罪と定める法案が、同州議会で審議されている。

同意なく女性のスカートの中を撮影すること、いわゆる「盗撮」を犯罪と定める法案が、オレゴン州議会で審議されている。

オレゴン州議会上院は5月26日(米国時間)、スカート内の盗撮に最高1年の禁固刑と6,250ドルの罰金を科すという法案を全会一致で可決した。法案はすでに下院を通過しており、今後州知事の署名を得ることになる。

オレゴン州議会がこうした動きに出たのは、2015年6月、13歳の少女のスカートの中を盗撮した64歳の男性に無罪判決が出たからだ。

被告のパトリック・ボーノは、オレゴン州ポートランド郊外のディスカウント・ストアで、携帯電話を使って盗撮を行ったことを認めている。しかしワシントン巡回裁判所のエリック・バターフィールド判事は、被告が写真を撮ったときに少女は服を着ており、さらにそこが公共の場所であったことから、同州のプライヴァシー関連法に違反する行為ではないと判断したのだ。

アメリカで「スカートの中の盗撮」が犯罪として認められることになりました。今後、スカートの中の盗撮をすると、最高1年の禁錮刑と6,250ドルの罰金とあります。

後述の「事件1」が発生したあと、オレゴン州が動くきっかけとなった「事件2」が発生しました。事件の詳細を見てみましょう。

 

事件1:マサチューセッツ州、路面電車の車内で起きた盗撮事件

「スカート内の盗撮は合法」という判決がアメリカで下される!!裁判所「スカートを着用していて問題なし」

路面電車の車内でスカート姿の女性を盗撮したとして起訴された男の裁判の控訴審で、アメリカ・マサチューセッツ州の裁判所は5日、この男の盗撮行為は州法に違反しないとする判断を示しました。

この事件では、ボストン市内を走る路面電車の車内で携帯電話を使って女性のスカートなどを下から盗撮したとして、マイケル・ロバートソン被告(32歳)が2010年に逮捕されました。

警察は被害届が出されたことを受け、同被告を逮捕するためのおとり捜査を展開。ワンピース姿の女性警官を下から盗撮しようとした現場を押さえ、ロバートソン被告は「部分ヌード」状態の人物に対する盗撮未遂などの罪で起訴されました。

検察側は、「ヌードあるいは部分ヌード」の人物を密かに撮影する行為を禁じた法律が、スカートの盗撮にも適用されると解釈していました。

これに対してロバートソン被告側は裁判で、女性乗客は「ヌードでも部分ヌードでもなかった」と主張。一審ではこの主張を退けたが、州最高裁のマーゴット・ボツフォード裁判官は5日、一審の判断を覆して被告側の主張を認め、「女性乗客はスカートを着用しており、『部分ヌード』ではなかった」と認定しました。

この解釈に基づき、「部分ヌード」に関する州法は「衣服を身に着けていた人物の写真撮影に対しては適用されず、被告人が罪に問われた種類の盗撮行為にその範囲は及ばない」と判断。この判断について法律に詳しい専門家は、法が技術の進歩に追いついておらず、女性のプライバシー権に対する侵害だと批判しています。

マサチューセッツ州サフォーク郡のダニエル・コンリー検事は5日、「男女を問わず、誰もが自分の衣服の下のプライバシーを守る権利を持っている」「現行の法律がそのプライバシーを守れないのであれば、立法府が迅速に動き、プライバシーが守られるよう是正する必要がある」との談話を発表しました。

 

事件2:オレゴン州、少女の後をつけてスカート内を盗撮した事件

アメリカで男が少女のスカートを盗撮するも無罪に!!マリリン・モンローの有名写真が判決の決め手!?

事件は2014年1月6日、パトリック・ブオノ被告(61歳)が13歳の少女の後をつけて、スカートの盗撮を行ったというものです。

ブオノ被告の自宅は警察によって捜索され、いくつかのデジタル機器が押収されました。その中には、警察が証拠として欲しかった犯行に使用されたiPhoneはありませんでした。

しかしその後、ブオノ被告は盗撮の事実を認めたため、警察はプライバシー権の侵害と子供への虐待を理由に裁判所に訴えました。

ブオノ被告の弁護士マーク・ローレンス氏は、ブオノ被告が盗撮について「正しいことでも道徳的なものでもない」と認めているといいます。

ところが裁判所は、少女のスカート写真を撮影することは法律に違反していないと判断。エリック・バターフィールド裁判官は、ブオノ被告の行動を「ぞっとする」と強く批判しましたが、無罪判決を下しました。バターフィールド裁判官は「残念ながら法的観点から見ると、ブオノ被告は何も間違ったことはしていなかった」と語りました。

裁判官は、まず少女が下着を着けているためヌードではないと判断。さらブオノ被告の弁護士ローレンス氏の反証も、判決に有利に働きました。

ローレンス氏は、非常に有名なマリリン・モンローのスカートが風でめくれ上がっている写真を提出し、今回の事件と比較。また憲法に記されている「基本的に公共の場で撮影された全ての写真は保護される」という法律を主張し、違法ではないと説明しました。

 

マサチューセッツ州の「Peeping Tom」法

事件1で議論されたのはマサチューセッツ州の「Peeping Tom」法と呼ばれる法律でした。

この州法では「ある人がヌードかそれに近い状態である場合、本人の同意を得ずしてその人を写真やビデオに収めることは違法」とあります。スカートを穿いている場合、「ヌードかそれに近い状態」ではないため、罪には問えないのだそうです。

オレゴン州では法ができましたがマサチューセッツ州ではまだできていません(急げっ)。

マリリン・モンローのスカートが風でめくれ上がっている写真を出して「公共の場で撮影された全ての写真は保護される」と主張するあたりはさすがアメリカを感じます。

 

日本における盗撮事件の法律

以前から言われているように日本もまだ法律が整っていないというのが正直なところです。

しかし、スマートフォンの普及に伴い急増している盗撮事件を見る限り、法律ができるのは時間の問題かもしれません。

現時点では、調べた限り「迷惑防止条例」「軽犯罪」「建造物侵入(住居侵入)」「わいせつ図画販売」「わいせつ図画公然陳列」あたりが適応されます。

また、盗撮事件で逮捕された人を見ると「児童ポルノ禁止法」という容疑が書かれていることも多くなりました。

2014年6月18日には「ひそかに児童ポルノに係る児童の姿態を写真、電磁的記録に係る記録媒体その他の物に描写すること」に該当すれば、提供目的に該当しなくても18歳未満の児童を卑猥な対象として盗撮する行為を児童ポルノ製造として、児童ポルノ禁止法違反で刑事罰の対象となるように法改正が行われ、7月15日に施行された。

施行から1年間は猶予期間が設けられているため、単純所持は2015年7月から罰せられるので、パンチラ好きの人もたまったものではありません。というより警察の方も人間なので画像や動画のひとつくらい持っていると思うのですがどうなのでしょうか。

 

編集後記

アメリカで「スカートの中の盗撮」が犯罪と認めれたことについて見てきました。スカートを穿くようになった、カメラが小型化されたなど、風俗が変われば法律が変わるのも仕方ありません。

パンチラ好きとしては、ただ穏便に動画を愉しみたいところです。

Pocket