Pocket

パンチラ逆さ撮りされるお姉さん

 

実は痴漢より重罪!? 「ハレンチ盗撮」最前線レポート

今思えば「出歯亀」など、牧歌的なものだった。卑劣極まりない現代の”盗み見”男たちの悪行ぶりとは―。

今月5日、エスカレーターで41歳の主婦のスカートの中にスマートフォン(以下、スマホ)を差し出したとして、京都大学大学院助教の男(39)が現行犯逮捕される事件が起きた。
近年、こうした盗撮事件が激増している。
「平成21年からの5年間で、約1480件から約2720件と、盗撮による摘発件数は倍増。今やネットには、女性のパンチラや胸チラの盗撮画像が氾濫しています。もはや、自分の妻や娘が、いつ被害者になってもおかしくない時代です」(ネットライター)

盗撮事件急増の要因は、スマホの普及と大きく関係している。盗撮事情に詳しいルポライターの石原行雄氏は、こう語る。
「今まで盗撮といえば、盗撮画像や、その行為自体に性的興奮を覚える一部の男が、専用の機材を揃えて行うマニアの世界の犯罪でした。でも、今はスマホのカメラで簡単に撮れてしまう。結果、特に性的嗜好がない人までもが誘惑に駆られ、摘発件数が急増しているのでしょう」

スマホ盗撮を容易にしているのが、さまざまな”撮影アプリ”の存在だ。
「通常、スマホのカメラで撮影するときには”パシャ!”というシャッター音が鳴り、撮ったことが周囲にわかる。しかし、音なしで撮影できる”無音カメラ”アプリが、誰でも簡単にダウンロードできるんです。子どもの寝顔や音に敏感なペットなどを撮るために開発されたそうですが、それが悪用されているわけです」(前出のネットライター)
さらに、盗撮犯は撮影アプリの進化を巧みに利用しているという。
「無音に加え、カメラを起動していることがバレないように、真っ暗なスリープ画面のまま撮れる”闇モード”や、ネットを見ているかのような偽装画面のまま撮影できる”隠れモード”などがあります。万が一、盗撮がバレても、”していませんよ”とアピールできるわけです」(同)
これらの機能を悪用すれば、盗撮がバレる可能性は低くなるというわけだ。

一方、以前からあった盗撮器も日々、進化を続けている。盗撮・盗聴Gメンとして活躍する『盗聴Gメン・フューチャーセキュリティ』CEOの岡田久信氏が、最近のトレンドについて、こう語る。
「最近多いのは、腕時計型の盗撮器による犯行です。時計をイジっていても、さほど警戒されないため、たとえば電車の向かいに座っている女性を容易に盗み撮りできる。時計の機能もちゃんとあり、パッと見では、素人が見分けることはできないでしょう」
他にも、ペンやライター、車の電子キー、パソコンのUSBメモリや、メガネに偽装した盗撮カメラも、非常に高性能化しており、素人がそれと見破るのはますます難しくなっている。

実際、5月27日にはスニーカーの靴先に取り付けた小型カメラで、コンビニで女子高生のスカートの中を盗撮したとして、京都府警交通機動隊の白バイ隊員の男性巡査が逮捕されている。
「これらカモフラージュカメラの販売店が、迷惑行為防止条例違反のほう助容疑で逮捕された例はあります。ただ、今もネットを検索すれば、販売店はいくらでも見つかる。利用者の良心次第、というのが現状です」(ネットライター)

だが、言うまでもなく、盗撮は犯罪だ。
「東京都の場合、盗撮行為は1年以下の懲役または100万円以下の罰金です。痴漢行為の刑罰が、6月以下の懲役または50万円以下の罰金ですから、その手軽さとは裏腹に、実は痴漢よりも刑が重いんです」(全国紙社会部記者)
それでも、軽い気持ちで盗み撮りをしようという不埒(ふらち)な輩が後を絶たないのが現実だ。いったい、卑劣な盗撮犯から身を守るには、どうしたらいいのだろう。
「今や、盗撮を完全に防ぐことは事実上、不可能です。また、ひとたびネットにアップされてしまえば、完全に回収するのは難しい。ですから、被害に遭う確率を下げるため、日々、ちょっとした注意をする癖をつけておくことをお勧めします」(前出の岡田氏)

たとえば、女性がデパートや公園のトイレに仕掛けられた盗撮器の被害に遭わないためには、以下の二つを習慣化することだ。
(1)座る前に、便器・便座の内側を確認する
(2)周りに置いてあるもの(芳香剤や予備のトイレットペーパーなど)を少し動かす
これだけで、大きな効果があるという。
「芳香剤の中に盗撮器が仕掛けられていたとしても、少し動かせば、レンズがずれて肝心の場面は映りません。重要なのは盗撮器を見つけることではなく、被害に遭わないようにする防犯意識です。ヘタをしたら、画像や動画をネットに流され、人生が変わる危険性すらある時代。自分の身は自分で守る意識が必要です」(岡田氏)

最後に、”盗撮冤罪”への注意喚起をしておきたい。
「最近、電車やエスカレーターでスマホをいじっていたら”盗撮です!”と腕をつかまれるようなトラブルが急増しています。何もなければ誤解も解けますが、もしエッチな画像でも持っていれば、あらぬ疑いをかけられる危険もあります」(前出の社会部記者)
李下に冠を正さず――電車内などでスマホを扱う際には、細心の注意を払っていただきたい。

日刊大衆にあった「実は痴漢より重罪!? 「ハレンチ盗撮」最前線レポート」という記事から引用しました。当サイトは特性上、リンクはしていません。

記事を読むと、盗撮はこれまで「マニアの世界」のものだったけれど、スマホの普及に伴って「性的嗜好がない人」まで盗撮をするようになっているとのことです。

たしかに盗撮事件を見ていてもスマホを使った盗撮事件はあとを絶ちません。駅のエスカレーター、書店、量販店など、今はスマホを触りながらスカートの女性の後ろにいるだけで警戒される時代になっています。

また、スマホだけでなく、偽装カメラも増えていると指摘しています。腕時計型にメガネ型などのカモフラージュ型は多いですよね。靴カメや鞄カメを使いながら全身撮りには腕時計型を使うという方もいるようです。

ただ、腕時計型でパンチラを狙うというのは画質を考えると少し難しいような…。

機材の進歩は必ずするので、小型カメラでもフルHD、4Kのパンチラが見られる時代を楽しみにしたいと思います。

 

Gcolleも姿を消す作者さんが多い

最近気になるのは、Gcolleでこれまで活躍されていた作者さんが忽然と姿を消すことが多いことです。

あの方もあの方も、当サイトにお越しいただく方の中にもおそらく彼らの作品を求めて来る方もいらっしゃるので(検索ワードより推測する限りのお話です)、残念に思っている方も多いのではないでしょうか。

今となっては、すべては購入できなくても抜けるサムネイル画像だけでも保存しておいて良かったと思っています。

 

編集後記

盗撮事件が急増しているという記事が「日刊大衆」に上がっていたのでご紹介しました。

夏は取り締まりも厳しく、ニュースを見ていても、例年以上にパンチラ対策がなされていると思います。

どうか安全運転に、そしてこれからも素敵な作品を楽しみにしています。

Pocket