Pocket

手錠

痴漢や盗撮をした人の4割が、有罪確定から5年以内に犯罪を繰り返していることが13日に法務省が公表した「犯罪白書」で明らかになった。強制わいせつの検挙件数も、昨年は過去最多。白書は、性犯罪の加害者の特徴に合わせた対策の必要性を指摘した。

今回の白書は、厳罰化の検討が進む性犯罪を重点的に調べた。昨年の強姦(ごうかん)での検挙件数は1100件、人数は919人で、ともに前年より微減。強制わいせつの検挙件数は4300件、人数は2602人でともに過去最多だった。

さらに、2009年6月までの1年間に性犯罪で懲役刑の有罪判決が確定した1791人を対象に調べたところ、強姦をした人の42・1%に前科(性犯罪以外を含む)があった。強制わいせつは36・8%だった。

また、判決が確定してから5年以内に再犯(同)した人の割合は、痴漢が最も高く44・7%。次いで盗撮の36・4%だった。強制わいせつは16・0%、強姦は3・6%だった。ただし、重い刑で服役中の人などは含まれていない。

痴漢・盗撮、4割が再犯 有罪確定後5年以内に

朝日新聞デジタルにあった記事です。痴漢や盗撮で検挙された人の4割が再犯することが分かりました。性癖は偏っているだけ濃いといいますが、これは犯罪においても同じようです。性癖を克服するのは難しいといいますよね。

 

5年以内に再犯した人の割合

痴漢・盗撮、4割が再犯 有罪確定後5年以内に

文章の羅列だと分かりにくいので並べてみます。

  • 1位 痴漢 44.7%
  • 2位 盗撮 36.4%
  • 3位 強制わいせつ 42.1%
  • 4位 強姦 3.6%

本記事をお読みの方がもっとも興味あるであろう「盗撮」も2位にランクインしています。「ランクイン」ってCDチャートみたいになってしまいましたが、たしかに盗撮事件を追っていても、2度目の逮捕という例も珍しくありません(側溝に入っていた事件もそうですし)。

 

Twitterのコメント

Pocket