Pocket

エスカレーターでの盗撮

スマートフォンが爆発的に普及する中、盗撮事件が多発している。警察庁によると、2010年の盗撮による検挙件数は1741件だったが、14年は2倍近い3265件と激増。昨年、盗撮に使用されたカメラはスマートフォンが1824件で約56%を占めるという。盗撮相談を数多く受けるレイ法律事務所の河西邦剛弁護士に、最近の盗撮の手口や、盗撮に遭わないための対策などを聞いた。

スマホ普及で犯行手軽に盗撮急増 常習犯ほとんど

パンチラ好きな方ならご存知の方だと思いますが、盗撮が急増しているというニュースがありました。

盗撮場所として相談が多く寄せられるのは、駅のエスカレーターや階段など、高低差のある場所。書店やコンビニの雑誌コーナーなどで立ち読みをしている女性も狙われやすいという。

スマホ普及で犯行手軽に盗撮急増 常習犯ほとんど

盗撮事件を調べていても、駅のエスカレーターは特に多い傾向があります。というより、かなり知られてしまっているので、警戒もされやすい場所だと思うのですがどうでしょうか。

 

盗撮犯のほとんどが常習

そして、記事にもあるように「常習がほとんど」という指摘があります。

また「初めて盗撮をして捕まるケースはほとんどなく、常習がほとんどです」という。再犯率も高く、「捕まった後、半年から1年は再犯せずにいるのですが、会社で嫌なことがあった帰りに、かわいい子がエスカレーターを昇っていて、自分の手にはスマートフォンを持っていて、つい…というように再び始めてしまうような人が多い」。

スマホ普及で犯行手軽に盗撮急増 常習犯ほとんど

再犯率が多いのは盗撮に限らず、性癖による犯罪はどれもそうです。

痴漢や盗撮をした人の4割が、5年以内に再犯することが判明

 

女性たちはどのように盗撮を防ぐのか

記事の中では、急増する盗撮からどのように身を守るのが良いのか書かれています。

では、世の女性たちはどのように用心したらいいのか。河西弁護士は、エスカレーターに乗る場合は「進行方向に向かって横向きに立つことが有効です」とアドバイスした。さらに自宅以外のトイレなどに入る場合は、不自然なものが置かれていないか注意することも必要という。最近は一見してカメラと分からないライター型や置き時計型のカメラもあるからだ。

エスカレーターで横向きに乗る女性ってたまにいますよね。やはり盗撮を警戒しているのでしょうか。このご時世、トイレでライター型カメラで盗撮するのはあまりに無謀だと思います。

Twitterでもエスカレーターでの横乗りは効果ありそうというツイートがありました。

横乗りの人を見かけたときは要注意ということで…。

Pocket