Pocket

JKのコンビニパンチラ逆さ撮り

スマートフォンが爆発的に普及する中、盗撮事件が多発している。警察庁によると、2010年の盗撮による検挙件数は1741件だったが、14年は2倍近い3265件と激増。昨年、盗撮に使用されたカメラはスマートフォンが1824件で約56%を占めるという。

盗撮が癖になると「自分だけの力で簡単に改善できるものではない」というのが、依存症などの相談を多く受ける大阪市北区のカウンセリングオフィスAXIAの衣川竜也さんだ。

衣川さんによると、盗撮は嗜癖(しへき)とよばれ、徐々に「依存症」になっていく。この嗜癖は、主に成長の過程での精神的な偏りで決まるが、仕事や人間関係の中で感情を押し殺しているような人、コミュニケーション能力が高くない人が、ふとしたことで盗撮をし、やめられなくなることも多いという。衣川さんもやはり「きっかけとしてスマートフォンの普及が大きい」と話す。

盗撮はクセになる…1人では治せず「依存症」に

日刊スポーツに「盗撮はクセになる」という記事がありました。心当たりがある方も多いと思います。

2010年の盗撮による検挙件数1741件に対して、2014は3265件ってすごい数ですよね。盗撮事件を追っていてもキリがないのが分かります。今後も盗撮事件は変わらず増えると思いますが、報道の数はどうなるのでしょう。

社会的身分のある方の場合は報道されていますが、そうではない方もたくさんいらっしゃいます。Gcolleで作品を発表している方の中にもおそらく相当数が検挙されていると思われます。

たとえば、当サイトでは約1年間盗撮事件を追っていましたが、週3回でも1年間で約150件の盗撮事件を取り上げていることになります。中には「無職」「会社員」という方もいましたが、「警察官」や「自衛隊員」「役所職員」などの公務員の方も多くいらっしゃいました。

そして、報道されていないだけでも約3000人の盗撮で検挙された人がいることになります。

ネット上では「警察は犯罪者ばかり」のような書き込みを見ますが、それは情報が断片的なだけで(犯人が警察のときに報道されているだけ)、誤りです。

3000人以上が盗撮で検挙されているってすごいですよね。単純に1日あたり10人が検挙されている計算になります。検挙されていない勇者を考えるとやはりすごい数の人が盗撮をしていることが分かります。

 

盗撮は「嗜癖」

はじめて聞きました。

嗜癖(しへき)とは、ある特定の物質や行動、人間関係を特に好む性向である。

https://ja.wikipedia.org/

パンチラが好きというのも改善できるのでしょうか…。

Pocket