Pocket

マニアがつけ狙うパンチラ危険地帯レポート。お洒落なビルほど危険

パンチラといえば、一般に女性が薄着になる夏の季語というイメージがあるが、都内には季節を問わずパンチラに遭遇しやすい場所が少なくない。事実、ネットの匿名掲示板ではパンチラスポットの情報交換が活発に行われている。

そこで、まだまだ周知が徹底されていない、都内最新パンチラ危険地帯をまとめてみた。付近を利用する女性はぜひとも気をつけていただきたい。

マニアがつけ狙うパンチラ危険地帯レポート。お洒落なビルほど危険

日刊SPA!では新たに「パンチラ危険地帯レポート」がされています。

以前は「正面に座った女性が何cm脚を開けばパンチラするのか」という記事がありました。

正面に座った女性が何cm脚を開けばパンチラするのか? 真面目に検証してみた

 

パンチラ危険地帯6選

今回パンチラ危険地帯として以下の6つの場所があげられています。

  1. 渋谷ブティック「B」
  2. 都内運転免許試験場
  3. 駅のペデストリアンデッキ
  4. I駅前の釣り堀
  5. 地下鉄のエスカレーター
  6. 池袋量販店「D」

それではひとつずつ見ていきましょう。

1. 渋谷ブティック「B」

2015年ハロウィンも大いに盛り上がった渋谷。あの夜ツイッターや掲示板で「パンチラが拝める」という報告が相次いだスポットがこちらだ。

スペイン坂に位置する同店は、カジュアルなレディースファッションを中心に取り扱っているお店だが、ハロウィン時には見物する女性客が鈴なりになっていたため、歩道から見上げてパンチラを拝む男性が続出した。

スペイン坂にあるということから「Bershka 渋谷店」です。

 

2. 都内運転免許試験場

 

最近リニューアルされたこちらの試験場。お堅い施設のイメージにそぐわず、知る人ぞ知るパンチラ危険エリアである。

「最近」とあるので、2013年にリニューアルした鮫洲運転免許試験場でしょうか。   3. 駅のペデストリアンデッキは場所が多いため割愛します。  

4. I駅前の釣り堀

 

「市ヶ谷フィッシュセンター」であると思われます。

 

5. 地下鉄のエスカレーターも多くの場所が該当するため割愛します。

 

6. 池袋量販店「D」

パンチラウォッチャーの中で最強と目されている危険地帯だ。

階段の手すりが簡素な鉄柵になっているのが特徴で、多くの女性客が窮屈な店内を通りわざわざ奥のエレベーターを待つより、入ってすぐのところにあるこちらの階段を利用しがちだという。同じく若者が集う新宿歌舞伎町の同店とは違い、埼玉方面からやってきたスカート短めの女子高生が多いことも変態が集まる要因になっているようだ。

ちなみに、池袋には他にも有名なパンチラスポットがいくつかあると言われるキケンな街。ケータイ片手に滞留しようものなら、いらぬ誤解を招きかねない。男性諸君も注意してほしい。

ここはパンチラの聖地として知られる「ドン・キホーテ 池袋東口駅前店」です。記事にもある通り、池袋はパンチラスポットがいくつもありますが、同時に盗撮狩りなども多数行われています。

Pocket