Pocket

盗撮のエサを仕掛け示談金を脅し取る…駅構内に出没する“盗撮ハンター”の正体

11月19日、“盗撮ハンター”なる犯行グループが摘発された。

逮捕されたのは、都内在住の47歳・無職の男性と46歳の男性。この事件を取材した全国紙記者がこう話す。

「ふたりの容疑者は11月8日午後、新宿のデパートで女性を盗撮した37歳の会社員・男性に『盗撮を認めて示談金を払うか、認めないで起訴されるか決めろ。払わないとどうなるかわかるな』などといって脅し、現金を要求。その後、消費者金融に連れて行き、計150万円を借りさせようとしたところ、被害男性が110番通報をして事件が明るみになりました」

盗撮のエサを仕掛け示談金を脅し取る…駅構内に出没する“盗撮ハンター”の正体

パンチラ好き、盗撮好きには恐ろしい”盗撮ハンター”の正体とは? そんな記事が週プレNEWSにありました。

すでにご存じの方も多いと思いますが、”盗撮ハンター”とは、盗撮をした人を脅して示談金などを取る人たちのことです。わざと短いスカートを穿いた女性を歩かせて盗撮させ、示談金を取るというのはとんでもない行為ですが、たしかに盗撮をしているという現実もあるんですよね…。

「スマホの爆発的な普及が盗撮急増の一番の理由ですが、事件化するのはごくわずか。盗撮犯はある一件の事案で現行犯逮捕されるわけですが、その後、当事務所に弁護依頼や相談に来る人は、逮捕されるまでに1千件~2千件もの盗撮を行なっている人が少なくありません。警察の検挙件数は、実際の盗撮件数の1%にも満たないんじゃないかというのが私の感覚です」

Gcolleなどにアップされる動画の数も相当数ありますし、ただ自分のコレクションにしている人も相当数いると思われます。スカートで歩いている女性は、1日の中で何度か盗撮されている可能性もあるのでしょう。それはそれで見て見たい気がします。

 

Twitterのコメント

Pocket