Pocket

AVの違法ダウンロードは1ヶ月で1千万件 「罪の重さを理解してほしい」

今年7月、動画投稿共有サイト・FC2動画 アダルトにアダルトビデオを無断でアップロードしたとして、著作権法違反の疑いで書類送検された事件が明らかになった。最近でも、11月に熊本県で新たに一人が同容疑で書類送検されるなど、違法アップロード者の摘発が相次いでいる。

KAI-YOU.netでは、7月の事件をきっかけに、著作権被害を受けた大手アダルトビデオメーカー・S1(エスワン)やMOODYZ(ムーディーズ)などの著作権を有する株式会社CAに取材。本事件の担当弁護士と同社の法務担当者に、アダルトビデオが抱える違法コンテンツの問題について話を聞いてきた。

そこで今回は、引き続きアダルトビデオの違法行為問題について啓蒙するべく、同社の権利部で違法コンテンツの調査を担当している長井徹哉さん、同社権利部とともに対策チームとして対処を行っている、インターネット上の違法コンテンツ調査を行う専門企業の河合貴宏さん(仮名)にインタビュー。

一体、どれくらいの違法コンテンツがネット上に溢れ、どのように違法コンテンツを探し出し、どのような対策を取っているのか。

違法コンテンツの調査・削除の繰り返しの先に一体何があるのか。インターネット上に溢れる違法コンテンツの実態について、詳しく話を聞いてきた。

AVの違法ダウンロードは1ヶ月で1千万件 「罪の重さを理解してほしい」

ファイルというものになってから爆発的に増えた違法コンテンツ。違法コンテンツをアップロード者が摘発される事件がしばしば起きますが、それ以上に違法アップロードする人が絶ちません。

パンチラ動画に関しても同じことが言えます。海外の動画サイトでは、ときにGcolleで現役で販売されているような作品ですら平気でアップロードしている人もいるようです。

ただ、パンチラ盗撮動画だと、「これは自分のコンテンツです」と正々堂々と言い難いということもあるのか、取り締まるのはなかなか難しいという現実もあります。違法が違法を重ねるとでも言うのでしょうか。

とはいっても、ヒトは性欲を抑えることが難しいため、違法コンテンツを見てはダメといっても取り締まるのは不可能だと思います。きっと取り締まる側の人間の中にも、普段は違法コンテンツを見ている人もいるかと(推測です)。

 

個人は特定される…

違法コンテンツを検知次第、すぐに個人を特定するようにはしています。多少の時間はかかりますが、一般に公開されている個人情報を利用して、本名やメールアドレスを特定できる場合もあるので、それだけで十分な特定材料になりえます。

また、TorrentをはじめとしたP2Pユーザーに関しては、簡単にIPアドレスや接続環境情報を割り出せるので、開示請求がなくても、早くて5分、長くても数日あれば個人を特定できます。

更に時間は掛かりますが、ISP等へ個人情報の開示請求も平行して実施していますので、特定するのはそこまで難しいことではありません。

違法コンテンツのアップロードはほぼ確実にバレるので、相応の覚悟は必要そうです。

 

Twitterのコメント

Pocket