Pocket

日常生活の中のハプニング!チラリズムの魅力を考察する

パンチラや胸チラなどの「直接的でないエロ」、つまりおっぱいや局部の露出や、行為自体をウリにしない「間接的なエロ」は、昔から一定の割合で人気を博しています。直接的でないにもかかわらず、チラリズムはなぜ我々男性の心を捉えて離さないのでしょうか。ここでは、チラリズムの魅力について、考察していきます。

日常生活の中のハプニング!チラリズムの魅力を考察する

先日、当サイトでご紹介した手コキ風俗マニアックスさんの記事です。

ひとつパンチラ関連の記事を見つけると、読み漁るように他の記事も探してしまいます。当サイトもそんなサイトにならいたいものです。

記事の中ではパンチラの将来性についても語られています。

チラリズムの強みとしては、いわゆる「風俗好き」や「エロの伝道師」的なマニアの間でしか通用しないものではない、というところです。真っ昼間のオフィスや、通勤途中の電車などにおいても、日常的な感覚として、プロスペクト理論的には男性女性問わず、頭の中に存在しています。チラリズムは、これから先もすたれることなく、「エロの原点」として将来性を保ち続けることでしょう。

スマホが普及してからというもの、パンチラはより身近なものになりました。同時に、女性にとっても「盗撮」が身近なものになってしまい、警戒する女性が多くなった気がします。男性はさらに警戒しているため、第三者バレが確実に多くなってきています。

当サイトでも日々盗撮事件を追っていますが、3分の2以上が第三者バレのような気がします。そう考えると、女性の警戒はまだまだ少ないのかもしれません。本当に気をつけるのは男性の目線!?

正義で捕まえる人は本当に面倒だと思ってしまいます…。

Pocket