Pocket

究極の逆さ25

今のGcolleで活躍される作者さんの中でもっとも危険な撮影をしている方のひとりがスカートひらり(AYN)さん。作品のほとんどがバレるというのは前代未聞です。バレるまで撮りを続けるのか、バレるために撮っているのか、バレたあとに脅すのか(究極の逆さ19)。

2015年を通して、特に下半期の活躍は目覚ましいものがありました。

2016年もスカートひらり(AYN)さんには、また一段とパンチラ好きを楽しませてくれる作品を期待したいものです。ただ、いつまでも新作を楽しむためにも安全運転でお願いします。

今回はスカートひらり(AYN)さんの作品から「究極の逆さ25」をご紹介していきます。

 

スカートひらり(AYN)さんの関連記事

 

スカートひらり(AYN)さんの「究極の逆さ25」

究極の逆さ25

「究極の逆さ25」に出演している女の子は、日本人ではありません。顔を見てもほとんど日本人と差がないように感じますが、動画の中でスカートひらり(AYN)さんが話しかけるシーンがあるのですが(話しかけるシーンは音声がありません)、「すみません、日本人じゃないんで…」と女の子が返事をすることから分かります。

何を話しかけたのか気になります。

それでは、画像と一緒に見ていきましょう。

 

①某本屋でターゲットをロック

究極の逆さ25

スカートひらり(AYN)さんの作品の嬉しいところはシチュエーションが事細かに書いてあるところです。今回も順を追って見ていきます。BOOKOFF店内でかわいい女の子を見つけました。

 

②全身撮影

究極の逆さ25

舐めるように全身を撮影していきます。カゴにハンバーが入っていることから、衣料品も扱っている複合店なのでしょうか。

 

②スカート内撮影(←商品説明では②がふたつあります)

究極の逆さ25

ここから一気に場面が展開。スカートの中にカメラを差し込んでパンツを撮影します。白地にオレンジの水玉模様がついた可愛らしいパンツを穿いています。

 

③声掛け(しぐさかわいい)&④なぜか声掛け後に会釈されるwww

究極の逆さ25

ここでスカートひらり(AYN)さんは女の子に話しかけます。話しかけるという行為は女の子の肉声が収録されるので良いものです。何を質問したのか(質問した声は収録されていませ)、「すみません、日本人じゃないんで…」と返されてしまいます。そして会釈。切り取ると微妙かもしれませんが、とてもかわいいです。

 

⑤裏切りのスカートめくり

究極の逆さ25

裏切りのスカートめくり。

スカートめくり前の静寂の一瞬です。徐々に近づいていく雰囲気が分かります。

 

究極の逆さ25

究極の逆さ25

手をかけてスカートの中を撮影しようとしたところでバレてしまったようです。

最後、

⑥逃亡(自分が)

相変わらず危険な撮影を見せてくれました。

 

編集後記

2016年、スカートひらり(AYN)1回目は「究極の逆さ25」をご紹介してきました。

本作はおまけとして静止画が収録されています。おまけも今回とおなじく少女コミックで立ち読みしている女の子を逆さ撮りする様子が収録されています。逆さ撮り自体はバレていませんが、最後、自転車に乗った女の子を撮影したところで思いっきりバレてビビっている様子が分かります。

今年もどうぞよろしくお願いします。

究極の逆さ25
究極の逆さ25

Pocket