Pocket

秋葉原"少女売春が放置されている街"の真実

「秋葉原は児童ポルノと児童買春に溢れている。東京、そして日本の警察機関は女子児童が性的コンテンツ、サービスにかかわることに対して甘すぎる」――いかにも違和感のあるメッセージだが、こうした内容の報道は米国を中心にかなり頻繁に出回っている。

違法なことが放置されているかのような報道が広がっているのはなぜなのか。秋葉原を巡っていったい何が起きているのだろうか。

秋葉原”少女売春が放置されている街”の真実

少しお堅いイメージのある東洋経済オンラインにあった、秋葉原での少女売春の記事です。

東京に住んでいる方なら一度は行ったことがあるだろう秋葉原は、メイドカフェなる文化を生み出してからというもの、オタク産業の中心として栄え、草食と呼ばれる男性をターゲットに様々な性産業が生まれてきました。

最近ではJKビジネスが規制されるなどがありますが、色々きな臭い噂を聞く街のひとつだったりします。そもそもお隣の神田がかなりのサラリーマン風俗の街として知られているので仕方ないのかもしれません。

 

女子高生を使った風俗ビジネスの実態とは?

秋葉原は”JKビジネス”と呼ばれる、女子高生を使った風俗ビジネスの発信地と言われている。とりわけ注目を浴びてきたのが、”JK散歩”と言われる女子高生と一緒に秋葉原を散歩(デート)するサービス、”JKリフレ”というリフレクソロジー(簡易マッサージ)サービス、”JK撮影会”と銘打つ一種の撮影会である。いずれも風営法による届け出が不要な業態ということもあり、メイドカフェブームが一段落した後、2006年ぐらいから急増した。

JKビジネスは、労働基準法違反、児童福祉法違反、児童ポルノ禁止法違反、興行場法違反など、現行法の範囲内で繰り返しの摘発が行われてきたが、2014年に17歳未満の女性従業員(現役女子高生は18歳も対象)の補導強化を警察が行ったことで、いわゆる”女子児童”を使った密室でのサービスを売りにした店は衰退している。

秋葉原の場合、メイドカフェ業者の自主規制として街頭での広告配布が可能なエリアが規制されている。地図を見れば判るとおり、観光エリアとしての秋葉原内では広告ビラの配布も自主規制が布かれている。言い換えれば、このエリア以外で広告ビラを配っている業者は、裏業者あるいは何らかの脱法業者である可能性が高い。

秋葉原では女子高生を使ったビジネスが横行しています。

広告ビラの配布は…

【Gcolle】わらわらさんの「【フルHD】靴カメ君が行くPart286【客引きJK編】」

 

Twitterのコメント

Pocket