Pocket

ハタチで痴漢風俗にハマった男「お金がないのに、通うのを辞められないんです」

風俗で働く女の数以上に、風俗でヌく男たちがいる。
人前でハメるAV女優の数以上に、人知れずヌく男たちがいる。
そんな名前のない男たちの、地味めなインタビュー。

◎きっかけは大学の帰り道

ダイ(23歳)
某有名国公立大4年生、文系学部。ストレートで入学するも、去年1留が決まった。関東の実家住まい。コールセンターのバイト代で稼ぐ、月約8万のお金で学生生活をやりくりしている。女友達はたくさんいるが、彼女になった関係はこれまでに1度もなし。

「僕、風俗通いを辞めたいんですよね」

とある勉強会で仲良くなったダイ。某国家試験資格の取得を目指す、いたってマジメな青年だ。いつもニコニコして、天真爛漫な笑顔が印象的だ。ところが師走の上野で、ずいぶんと暗い顔をしたダイとばったり出くわした私は、彼をお茶に誘った。「ウーロン茶でいいです」、と言うと、ダイはぽつりぽつり、今の悩みについて話しだした。

――どうして風俗通いを辞めたいの?

ダイ「お金がないのに、通うのを辞められないんです。週1回、多いと2回行っちゃうんです」

―どんな風俗に行くの?

ダイ「ピンサロ※1とセクキャバ※2、あとはたまにデリヘル※3です」

ハタチで痴漢風俗にハマった男「お金がないのに、通うのを辞められないんです」

サイゾーウーマンにあった風俗にハマった男性にインタビューするという記事です。サイゾーウーマンということでターゲットは女性。男性の表には出てこない一面を知ることができる記事ということになります。

記事の中でタイトルにもなっている「痴漢風俗」に関する記述があります。

 

痴漢風俗

――次にハマったのは?

ダイ「痴漢コースがあるセクキャバです」

――イメクラ※7みたいな感じかな。
※7 イメージクラブの略。痴漢、赤ちゃんプレイ、OL、病院など、コンセプトに沿った物語プレイを提供する店

ダイ「そうそう。これは画期的と思って。僕、痴漢したことはないけど、『痴漢したい』と思うことがほぼ毎日あったんです。電車に乗ったら、万が一でも触らないように、カバンを自分の前で持って、音楽を聞いて、性欲をごまかしてました。大学でも、性犯罪被害のことを学んでたんです。女のコにトラウマを与えるから、痴漢は絶対にダメだ、って思ってて……そこに救世主のようにそのセクキャバが現れたんですよ。通いましたね」

――料金はいくらくらいだった?

ダイ「早い時間帯で、40分6000円。とにかくハマって。週1は普通で、でも時々ガマンしようと思って1週間休むと、結局その次の週に2回行っちゃうとか。3年は通ったかな」

知っている方も多いように、風俗と一口言っても、その趣向はかなり幅広いものになっています。当サイトで記事をお読みの方ならパンチラには目がないと思いますし、インタビューの中に出てくる方は痴漢風俗にハマっていたようです。

パンチラ系の風俗もありますが、本当にいちばん興奮するのはデリヘルを盗撮…(そんなことをしたら怖い人を呼ばれてしまいます)。

Pocket