Pocket

「奨学金返済のために風俗で働く女子大生」 社会問題を解決するために「風俗」を掲げる手法の限界

奨学金を返済するために風俗で働く女子大生の存在が注目されています。火付け役は、昨年10月に上梓された中村淳彦氏による『女子大生風俗嬢 若者貧困大国・日本のリアル』(朝日新聞出版)でしょう。本書は、生活費を稼ぐために、あるいは昨今問題となっている「奨学金」の返済をするために、女子大生が風俗で働いている実態を描き、日本で貧困が深刻な問題になっていることを示しています。

11月には『NEWS23』(TBS系)でも、「学費借金400万円 増える 風俗で働く女子学生」という特集が組まれました。しかし、togetter「NEWS23で取り上げられた奨学金を風俗等で返済する女子大生特集を観た人々」を見れば明らかなように、番組で取り上げられたのは、風俗ではなくキャバクラで働く女子大生でした。キャバクラも風俗の一形態ではありますが、「風俗」と聞いて私たちが思い浮かべるのはデリヘル、ピンサロなどの性風俗です。「風俗」という言葉のほうが「キャバクラ」よりも話題性があると踏んだ、番組側の戦略なのでしょう。

しかしこうした手法をとることは問題の実像を曖昧にしてしまいます。問題の根幹にあるのは、貧困や奨学金であるにもかかわらず、この取り上げ方では「風俗」ばかりひとり歩きしてしまうリスクがありますし、そもそも「風俗を扱えば話題になる(からキャバクラとは書かなかった)」という考え方は、風俗を特別視しているという意味でスティグマを制作側が持っているのではといぶかしんでしまいます。

「奨学金返済のために風俗で働く女子大生」 社会問題を解決するために「風俗」を掲げる手法の限界

女という幻想をぶっ壊す!本音情報サイト「messy(メッシー)」にあった風俗関連についてのニュースです。パンチラ好きの貴兄にとっても、普段の生活では風俗にお世話になっているという方も多いのではないでしょうか。

風俗に通っているときには、普通の男性として風俗嬢に接し、だんだん打ち解けてきたところでパンツを見せてもらったり、少し大胆なお願いをしてみたり―。パンチラ好きという時点で風俗にあまりお金がかからない(少なくともSMクラブなどよりは)ことだけは嬉しいものだったりします。パンツが見えるようなライト風俗でも十分ですものね。

と、奨学金と風俗という関係から離れ、パンチラ好きにとっての風俗について触れてみました。

 

Twitterのコメント

Pocket