Pocket

“隠し撮り”捕まえる正義の味方…その正体は恐喝男「盗撮ハンター」

女性を盗撮をしている男性を見つけては声をかけ、警察に行くか示談金を支払うか迫る。こんな手口で金を脅し取る事件が相次いで摘発された。その名も「盗撮ハンター」。まるで正義の味方のようなネーミングだが、被害女性も実はグルだった疑いがあり、複数人が関与する組織的な犯罪との見方が強まっている。捜査関係者は「新手の美人局ともいえる手法。男性側は盗撮加害者でもあり、被害を訴えにくい」と警戒を強めている。

■池袋で“獲物”探し

「今、盗撮していましたよね?」

昨年12月28日夕。年越しを間近に控え、多くの人々が行き交う池袋駅東口近くの路上で、男は“獲物”を探していた。目にとまったのは30代の会社員男性。この男性は見ず知らずの女性の後をつけ、後ろ姿をスマートフォンで撮影した。その様子を見届けた男は、女性の知人を装って男性に声をかけた。そして、その違法性を丁寧な口調で語り始めた。

「迷惑防止条例違反です。罰金がかかりますよ」「警察に行くか、示談にするか、決めてください」。

捜査関係者によると、後ろ姿の撮影だけでは条例違反に問われる可能性は低い。だが、男性は自分の行為に後ろめたさがあったのか、示談金の支払いを選択した。男の指示で近くの消費者金融に向かい、50万円を引き出した。男は金を受け取ると、そのまま立ち去った。

男は今年1月にも、立川駅近くの路上で別の男性に同様の行為をし、金をだまし取ろうとした。この男性から相談を受けた警視庁立川署は、同月に恐喝未遂容疑で男を逮捕。池袋の事件にも関与が浮上し、2月7日に再逮捕した。

同署によると、男は都内在住の自称自営業、菅原貴行容疑者(30)。立川駅の事件には関与を認めたものの、池袋の事件については「男性が自ら金を差し出してきただけ」などと否認。盗撮された女性と面識はなかったとみられる。

隠し撮りを捕まえる正義の味方 その正体は恐喝男「盗撮ハンター」だった スマホ普及でカモも増加中…

盗撮ハンターについての記事です。これってパンチラ好きにとってはかなり憎き存在ですよね。

当サイトではこれまでも盗撮ハンターについていくつか記事をご紹介してきました。

 

盗撮犯が集まりやすい場所

インターネット上には、女性の下着を盗撮しやすい人気スポットを集めたサイトがあるという。「盗撮ハンターは、こうしたサイトを参考に場所を選定している疑いがある」と打ち明ける。

立川署と新宿署の事件で犯行現場になった新宿、池袋、立川の各駅は、いずれも若い女性が多く集まるなどとして、「盗撮人気スポット」として紹介されていた。特定の商業施設の名前をあげて「エスカレーターが急勾配で有名」と説明したり、「朝の通勤ラッシュ時は、色んな人間がいるから怪しまれることはほとんどない」などと、盗撮しやすい時間帯を指南しているサイトもあった。

盗撮スポット…。そういえば当サイトにも「パンチラスポット」についての記事があったような…。

これらはあくまで「パンチラスポット」であって、盗撮して良い場所ではありません(盗撮は犯罪です)。

 

Twitterのコメント

Pocket