Pocket

薄着で大氾濫 若妻たちのパンチラ&胸チラ盗撮映像

全国各地で次々と“記録”を塗り替えた5月の真夏日。特に西日本は顕著だ。
大阪市は5月中の真夏日が5日、京都市でも8日で、観測史上最多を記録。
「最近は残暑厳しい9月、10月を避け、5月後半に運動会を行う学校も多い。ところが、この暑さでは熱中症の危険もあり、子供たちはもちろん、保護者らも注意が必要でしたね」(全国紙社会部記者)

想定外の暑さに大人たちも真夏同然の薄着にならざるを得ないが、実はここに落とし穴があった。
「5月に入ってから、盗撮サイトを中心に“撮れたて”の胸チラやパンチラ画像や動画が大流出し始めたんです。例年、この手の動画が流れ出すのは7月~8月。しかし、異常気象と同様に盗撮魔たちの活動も早まっている」(盗撮事情に詳しいライターの青山輝彦氏)

夏=薄着=盗撮。この季節的な悪の連鎖が今年はいち早く起こっているという。さらに、新たな獲物も…。
「盗撮スポットといえば電車の車内や階段ですが、最近は私服警官が盗撮魔をチェックしている場所も多い。そのため、意外な場所で、意外な女性たちがターゲットになっているんです」(同)

それがズバリ、公園などにいる子連れの若妻だという。
「子供と一緒にいる人妻ほどガードのゆるいものはない。常に彼女たちは子供と夢中になって砂場で遊んだり抱っこしたりするから、胸チラやパンチラが撮り放題だといいます」(同)
事実、本誌もこの5月にネット流出した“盗撮動画”を確認したところ、公園を中心に自転車置き場、スーパーの店内で若いお母さんたちが被害に遭っていた。

薄着で大氾濫 若妻たちのパンチラ&胸チラ盗撮映像(1)

週刊実話にあった「パンチラ盗撮」関連の記事です。インターネットでは「WJN」と揶揄されることもあるので、すべてを鵜呑みにするわけにはいきませんが、読み物としても興奮できる内容です。

(1)とあることから分かるように、(2)もあります。

若妻盗撮の動画にはおっぱいそのものが映っていることも少なくない。さらにパンチラも簡単に撮られてしまっている。
「狙われるのはスーパーの店内。子連れの場合、走り回る子供に母親は注意を奪われているので、背後に忍び寄ってスカートの中を撮影しても気付かれない。靴型カメラなんか仕込んでおけば、絶対バレない」(前出・盗撮サイトの管理人)

薄着で大氾濫 若妻たちのパンチラ&胸チラ盗撮映像(2)

靴型カメラ…

あまり大々的に言わない方が…

Pocket