Pocket

北原みのり「盗撮事件でその感想?」

作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。北原氏の身近で起きた盗撮事件に「軽いおふざけ」と言いきる男性の心理を「性犯罪者に対するダブルスタンダードがある」と分析する。

知人の子ども(高校生)の学校で、盗撮事件が起きた。犯人は複数の男子学生で、盗撮されたのは同級生の女子だ。決定的な証拠が残っていたこともあり、学校側は男子学生を全員退学処分にした。

という話が知人の集まりで出たところ、その場にいた男性が「退学させるなんて、学校側はどうかしている」と、真剣な顔で言った。「本当の変態なんて、その中に一人いるかいないかだ。高校生が軽いおふざけでやったことで、一生を棒に振るような処分を教育者がするべきじゃない!」と。

はぁ? その場にいた女たちは、みな、背中の毛が逆立った。

学校側が、“問題児”をすぐに退学させることへの異議ならばわかる。でも、そこに至るまでの彼の堂々たる論理が、私たちには、とてもとても、怖かったのだ。

まず、盗撮するのは一部の変態な男だけ、という認識。「性犯罪を犯すような男は、俺たちフツーの男とは関係ない」と、切り離せる感覚が怖い。

女なら知っている。いかにフツーの男たちが、しれっとした顔で、電車の中で触ってくるか。フツーにお父さん、フツーに課長をしているようなオッサンが、触ってくるか。そして、いざ性犯罪が発覚した時には「性欲が溜まってたんだ」「仕事で疲れてたんだ」というような、男の自然/本能/気の迷いとして受けとられることも、私たちは知っている。

北原みのり「盗撮事件でその感想?」

「盗撮するのは一部の変態な男だけ」という認識は間違っている、そう北原みのりさんが主張する記事がdotにありました。変態なんて一部しかいなくて、ほとんどの人は普通である。ひょっとするとこれは男女共通した認識なのかもしれません。

しかし、今この記事を読んでいるあなたが知っているように、パンチラ盗撮をする人は「ごく普通の人」だったりします。記事にも「いかにフツーの男たちが、しれっとした顔で、電車の中で触ってくる」とあるように、ごく普通のその辺にいるような人が鞄にカメラをこさえて盗撮をしています。あるいはスマホをスカート内に差し入れています。

さすが作家だけあり、観察力が鋭いと思う記事でした。

Pocket