Pocket

エスカレーターや本屋には、盗撮対策として…

エスカレーターや本屋には、盗撮対策として、いつも必ず私服の警備員や
警察官が、はりついているのですか

 

回答1

盗撮対策ではなく、万引き対策の警備員だと思います。

彼らが挙動不審な人物がいないか、店内を見回りしているわけです。
そしてたまたま不審者を発見しマークしていると、盗撮行為に及んだということで、捕まえるのだと思います。

今はスマホを使った盗撮が急増しているので、女性陣はエスカレーターに乗るとき、背後に十分注意してください。

 

回答2

私服警備員は スーパーマーケット・デバート・通勤電車ですね 本屋 エスカレーターには居ないでしょう 店側が雇えば別ですが

 

回答3

本屋が自費でそんなことすると思うの?
何のために?
あ、本の盗撮対策か。いわゆる万引と同じってことね。
だったら大きな本屋にはいるでしょうね。

 

編集後記

エスカレーターや本屋には盗撮対策として私服警備員を配置しているのかという相談でした。盗撮事件ではよく「保安官が発見」という表記がなされています。この場合の保安官は客の安全を守るという名目ですが、大体が「万引き防止」という意味合いが強いのだと思います。

ただ、昨今はスマートフォンが普及したことで盗撮事件が急増し、多くの人が保安官によって御用になっています。

Pocket