Pocket

カルバン・クライン、「パンチラ」写真広告で非難の嵐

米ファッションブランドのカルバン・クライン(Calvin Klein)が公開した下着製品の広告が、女性モデルが着る服のスカート部分を下からのぞき込んで股間部分を強調する写真を使用し、米国で物議を醸している。

写真は、クリーム色の服を着たモデルのクララ・クリスティン(Klara Kristin)さん(23)が、地面の高さに置かれたカメラを見下ろす姿を写したもの。「私はカルバンを着てフラッシュ(flash)する」との宣伝文句が添えられている。「フラッシュ」には「輝く」という意味の他、「体や下着を露出させる」という意味もある。

この写真は、ソーシャルメディアなどで嫌悪と非難の声を巻き起こした。米タブロイド紙ニューヨーク・ポスト(New York Post)は「カルバン・クライン、変質者向けに広告」との見出しをつけた記事を掲載。

「全国性的搾取センター(National Center on Sexual Exploitation)」はこの広告について、女性の同意なしにスカートの下から写真を撮る「アップ・スカーティング」というセクハラ行為を表現したものだと指摘し、カルバン・クラインに対して「セクハラの常態化と美化をやめるよう」要求する請願運動を開始した。

カルバン・クラインの最新広告がパンチラ写真ではないかと話題になっています。

その画像はこちらです。

カルバン・クラインのパンチラ

カルバン・クラインのパンチラ

話題になったツイートは現在も公開されています。

 

Twitterのコメント

Pocket