Pocket

パンチラスポット〟京都駅 女子高生も思わず「キモい…!」、盗撮犯うじゃうじゃ…犯行見抜く「プロの目」

国際観光都市・京都の玄関口であるJRと近鉄の京都駅(京都市下京区)で、盗撮事件が多発している。今年以降、京都府迷惑行為防止条例違反容疑で摘発した盗撮件数は6月上旬までに18件に上り、すでに昨年1年間の摘発数の17件を超え、おおむね2倍のハイペースだ。背景にあるのは、京都府警鉄道警察隊による取り締まり強化。インターネットの検索サイトに「京都」「パンチラスポット」と打ち込むと、京都駅を挙げる悪質な書き込みもある。卑劣な犯罪の横行に危機感を募らせた鉄道警察隊は、駅構内で被害が頻発している場所に制服・私服の警察官を重点的に配置。大勢の人が行き交う中から盗撮犯の不審な動きをプロの目で見抜き、摘発を重ねているのだ。ただ、女性が被害に気付かないケースも多く、摘発は「氷山の一角」とされる。女性自身が警戒心を高める必要がある。

パンチラスポット〟京都駅 女子高生も思わず「キモい…!」、盗撮犯うじゃうじゃ…犯行見抜く「プロの目」

京都駅で盗撮が多発しているという記事がありました。今年に入ってから18件というのは昨年の2倍のペースなのだとか。実は私も先日京都に行く用事があったので、見てみると(スカートの中じゃないです)、かなりの数の警察官がいました。おそらくほかにも私服警官がいると思われます。

これだけ有名になったパンチラスポットに手を出すのは危ないでしょう…。

 

鉄道警察隊員が目撃

JR京都駅で女性のスカート内を盗撮したとして、迷惑行為防止条例違反(卑わいな行為)容疑で逮捕された会社員の男(46)はこう供述した。

男は6月7日午前9時15分ごろ、京都駅構内のエスカレーターで、出勤途中だった女性会社員(31)の後ろにつき、小型カメラをつけたサンダルをスカートの下に差し出したとされる。

男は事前に駅のトイレで、足の甲とサンダルの間にペン型の小型カメラを仕込み、エスカレーターの段差を利用してサンダルに空いた穴から盗撮を試みたという。しかし、府警鉄道警察隊の隊員が犯行を目撃、現行犯逮捕した。

いわゆる靴カメによる盗撮です。靴カメでも鉄道警察の目はごまかせないようです。そもそも、エスカレーター前をウロウロしている、何往復もしているというのは目をつけられるのだとか。

さらに同じに盗撮事件がありました。

同日午後3時半ごろ、駅構内のエスカレーターで、今度はスマートフォンのカメラで女性のスカート内を盗撮したとして、府迷惑防止条例違反容疑で京都府内の私立大学に通う男子学生(18)が現行犯逮捕された。こちらも犯行を確認したのは鉄道警察隊の隊員だ。

この学生のスマホの中にも、スカートの中などを撮影した動画が残っていた。男子学生は「女の子の履いているパンツを見たかった」と容疑を認めている。

こちらはスマホカメラで盗撮なのでかわいいものです(かわいい?)

 

なぜか京都で横行する盗撮犯

千年の都・京都を訪れる国内外からの観光客は年間で5千万人を超え、カメラやスマホを持ち歩いたり、撮影のため構えたりしても自然で目立たない。旅行という非日常的な開放感から周囲への警戒が緩み、盗撮されても気付きにくいため盗撮犯が横行している側面もあるようだ。

先日、清水寺で盗撮が横行しているという記事を書きました。開放感から警戒心が緩むというのは十分に考えられます。locket★pantsさんの作品も南国という開放感が与える影響は大きかったのでしょう。

 

隊員「すぐに気付く」

警戒にあたる隊員の一人は、盗撮行為に及びそうなケースについて「注意して見ていればすぐに気付く」と打ち明けた。

京都駅では毎日、多くの人が行き交う。漫然と見ているだけでは盗撮犯を発見できない。摘発の経験を積み重ねてきたプロが注目するのは、人の流れだ。

一定の流れの中で不自然な動きをする人物。さらにターゲットを探すかのように駅構内を何時間も歩き回ったりしている人物は特に要注意だ。そうして怪しい人物が浮かぶと注意深くマークし、実際に犯行を確認すると摘発に動く。

これはよく言われることですが、不自然な動きをするとマークされます。店舗内でも導線から外れた動きをしていると怪しいと思われます。たとえばレンタルショップで洋画を見ていたあとに、邦楽の旧作コーナー、DVDセルコーナーなど脈絡のない行動が当てはまります。

 

「常に警戒心を」

駅のエスカレーターなどで多発する盗撮の手口を詳細に解説。盗撮写真を専門に買い取る業者もあるとしたうえで、写真がネット上で拡散していく現代社会特有の怖さも熱心に説いた。

スマホに夢中になっていたり、イヤホンをつけていたりして、周囲の状況を把握できないときは「狙われやすい」と強調。エスカレーターに乗るときは、手やかばんでスカートのすそを押さえたり、少し斜めを向いて周囲を警戒するといった対策も紹介していた。

手を変え品を変え、巧妙かつ執拗にスカート内を狙う盗撮の手口が説明されると、不気味な盗撮犯の〝影〟を身近に感じたのか、女子生徒から「気持ち悪い」といった声も上がった。

盗撮写真を専門に買い取る業者!? いただけません(棒読み)

スマホに夢中になっているJKほど盗撮の餌食になりやすい存在はいません。JKの「気持ち悪い」は人によったらご褒美の言葉になってしまうかも…。

 

Twitterのコメント

Pocket