【DIGITENTS/Pcolle】BORMANさんの「JKちゃん抜き打ちパンツ検査 本人バレ その2」

JKちゃん抜き打ちパンツ検査 本人バレ その2

その作風のため、現在は活動の場所をDIGITENTSに移行しているBORMANさん。2016年4月頃のGcolleの規制の影響は大きいようです。もちろんGcolleも制服JKパンチラの需要を考えると、手を出したくて仕方ないことには変わりませんが、当局の指導を無視するわけにいはいきませんからね…。

ちょっと歪んだ性癖を持った我々は、次の場所を求めて歩くことになるのです。

ということで、今回はBORMANさんの作品から「JKちゃん抜き打ちパンツ検査 本人バレ その2」を紹介します。

※「本人バレ」の第1弾は「JKちゃん抜き打ちパンツ検査 本人バレと第三者バレ」になります。

 

BORMANさんの関連記事

 

JKちゃん抜き打ちパンツ検査 本人バレ その2

JKちゃん抜き打ちパンツ検査 本人バレ その2

現場は朝の通勤通学時間帯の電車内です。
スカート内の検査が必要と思われるJKちゃんを探しておりましたところ、電車の発車間際にスカート丈が大変短い娘を発見。
あわてて電車に飛び乗ってさっそく検査を開始しました。

電車に揺られながらスマホを見つめていましたが、太ももがほとんど丸出しともいえる極めて短いスカートは危険です。
太ももを這わせるようにカメラを移動させつつスカート内を前方から撮影しています。

若干怖そうなイメージでしたが、顔は整っていて割と美人な娘でした。
鮮やかに彩られた唇が印象的です。
これでスカートが短いとあっては盗撮被害は避けられませんので、対策されているかどうかこの場で検査が必要と言えます。

しばらく前方からのスカート内検査を続けた後、降りる予定の駅までもう少し時間があったので、至近距離から顔を撮影しておこうと考えました。
ところがここで異変が起きます。

鞄を持ち上げて顔の撮影を続けていると、JKちゃんが視線を移動させた拍子にカメラのレンズに気づいたようでした。
前回の第三者バレ映像と異なって自分が向いている側にカメラがあり、自分より前方にある位置関係なのでJKちゃんがそれに気づいたことにはこちらでも察知することができました。
しかしここでヘタな動きはできません。

今さらレンズを手でふさぐこともできませんし、ましてや鞄を下げてしまっては盗撮などと勘違いされかねません。
幸いもうまもなく電車が駅に着くところでしたので、なんとかこのまま下車して…と考えていたところ、JKちゃんが肘でレンズをふさいできました。

どう見てもカメラのレンズには気づいていましたが、声を上げるでもなく肘でふさぐというなんとも穏便な措置となりました。
この場面の前にこの娘はスカート内も散々撮られているのですが、そのことには気が回らなかったのでしょうか…。
いずれにしても、盗撮と勘違いされて咎められたり声を上げられたりしたら一発アウトの状況の中、首の皮一枚でなんとかつながったようです。

そのまま電車が駅に到着し、ドアが開く前からあわてて移動してなんとか下車。
追ってくる人などもおらず、まもなく電車も発車して事なきを得ることができました。

恐る恐るデータを確認してみると、まずはJKちゃんの太ももからスカート内の薄いイエローのパンツまでが映し出されてこの時点までは順調な検査をいえます。
その後、鞄を上げるとJKちゃんの顔が至近距離からクリアに映し出されましたが、続いて問題のシーンへ入りました。
接近した状態からの完全なカメラ目線でレンズを見ています…。
よくこれで無事だったと安心する一方で、これもまた1つの教訓とすることができた点は良かったように感じます。

今回は新しい機材を用いた撮影において遭遇したバレシーンをお送りいたします。
スカート丈が非常に短いJKちゃんのパンツはもちろん、鮮明におさめたJKちゃんの顔がレンズに気づいて表情が変わる場面までぜひご覧ください。

BORMANさんの丁寧な説明文があるとより興奮度合いが高まります。ここからは「JKちゃん抜き打ちパンツ検査 本人バレ その2」を画像と一緒に見ていきましょう。

 

JKちゃん抜き打ちパンツ検査 本人バレ その2

静止画による全身撮りの後、すぐにパンチラ映像に切り替わります。電車内は照明を集めにくいこともあるため、ときにパンツが写りにくくなってしまうこともあるのです。撮っておいて贅沢言うなよってところですが…

 

JKちゃん抜き打ちパンツ検査 本人バレ その2

スマホを触っていた手が…

 

JKちゃん抜き打ちパンツ検査 本人バレ その2 JKちゃん抜き打ちパンツ検査 本人バレ その2

ふいにスカートを抑えました。ひょっとして「盗撮」という警戒心が頭をよぎったのでしょうか。少なくとも、この時点でバレているということはないはずです。それでも制服JKに違和感を感じさせることがあったのかもしれません。このご時世、制服JKにとって街は敵だらけ(小型カメラ)ですからね。

 

JKちゃん抜き打ちパンツ検査 本人バレ その2

あ…一瞬目があった気がします。それでも制服JKは平静を装ってくれます。

 

JKちゃん抜き打ちパンツ検査 本人バレ その2

スカートの中だけでなく、しっかりと撮れ高を確保するために顔をアップから撮影します。

 

JKちゃん抜き打ちパンツ検査 本人バレ その2

上を向いていた制服JKが…

 

JKちゃん抜き打ちパンツ検査 本人バレ その2

完全にカメラを見ました…(大汗)

 

JKちゃん抜き打ちパンツ検査 本人バレ その2

すかさずカメラから視線を外して、制服で隠す仕草を見せる制服JK。ひょっとするとBORMANさんが逃げるようにアングルを変えただけかもしれません。このあと、スタスタと電車を降りていきました。

 

編集後記

BORMANさんの「JKちゃん抜き打ちパンツ検査 本人バレ その2」を紹介しました。盗撮された女性からすると、パンツを撮られたくらいで大事にする方が面倒という意識が働くのかもしれません。事なきを得たBORMANさん。パンチラ作品というより、「バレ」を感じたい方におすすめの作品です。

お好きなプラットフォームでどうぞ。

DIGITENTS:JKちゃん抜き打ちパンツ検査 本人バレ その2

Pcolle:JKちゃん抜き打ちパンツ検査 本人バレ その2

JKちゃん抜き打ちパンツ検査 本人バレ その2