女性が女性を盗撮する時代へ「大胆型」と「協力型」

パンチラ逆さ撮り

年々、巧妙化する盗撮の手口。

先日、日刊SPA!では自宅アパートに侵入され、盗撮被害にあった20代女性の声を紹介(「自宅アパートの盗撮被害にあった20代女性が独白。性犯罪被害にも格差社会の余波……!?」)したが、そこで明らかになったのは盗撮犯のあまりにも大胆な手口だった。盗撮行為に及んだ犯人は、深夜2時に女性宅へ侵入後、スマホのカメラを取り出し寝ている女性を盗撮していたという。

また、先日警視庁が犯人の顔を公表した狛江市に住む女性の盗撮事件のケースも大きく話題になった。犯人は女性宅に侵入し、洗濯機のホースの中にカメラを仕掛けていたというのだ。

女性が女性を盗撮する…「大胆型」と「協力型」に分かれるスマホ盗撮の手口とは?

日刊SPA!に「盗撮」関連の記事がありました。

東京都狛江市で起きた盗撮事件について、記憶に新しい人も多いと思います。自分で仕掛けた盗撮用カメラに自分が映ってしまい、それを警察が公開して逮捕に至ったというものです。

そんな盗撮事件が「大胆型」(パンチラ)と「協力型」(トイレや風呂)に分かれるというものです。

 

「大胆型」と「協力型」に分かれる現代盗撮のテクニック

ひとり暮らしの女性宅に侵入してカメラを仕掛けるケースかぎらず、私たちの日常生活にも盗撮のリスクは潜んでいる。

「『まさか』と思う場所にカメラを仕掛けたり、思わぬ方法で盗撮を働くケースが近年増えてきています」。

そう語るのは、性犯罪業界に詳しい雑誌記者A氏(31歳・男性)。A氏の話によると、近年の盗撮の手口は「大胆型」と「協力型」に2つに分かれていることが特徴だという。

「大胆型は、その名の通りスマホひとつで街に繰り出し、撮影するというもの。盗撮の手口として、無音カメラアプリを警戒する人が多いですが、最も多い手口は動画です。動画アプリをずっと起動させておいた状態でスカートの中にスマホカメラを向けたり、電車の中で向かいに座った女性を盗撮したり。シャッターを押す時間を省けるので『奇跡の一瞬』を逃さずにカメラに収められるからです。あとは動画をキャプチャで抽出すれば奇跡のパンチラ写真の出来上がりです」

ひとつめは「大胆型」です。ここで紹介されているのはスマホを動画モードしておき、被写体に向ければ自動で録画できるというもの。あとは動画を切り取ればパンチラ写真ができあがります。

まあ画像として保存しなくても、動画なら臨場感溢れる記録を残しておくことが可能です(盗撮は犯罪です)。

ただ、最近はスマホで手軽に盗撮をする人も増えたため、女性たちも正義くんたちも警戒をしています。

 

「協力型」は組織ぐるみの犯行

いっぽう、「協力型」は1人ではなく複数人の協力者がおり、組織化していることが特徴。手口もバレにくく、なんと、女性の協力者がいるケースも珍しくないという。

「盗撮動画が多数アップされているサイト『T』には、女子トイレの盗撮映像が多くアップされています。この手の映像は女性協力者が女子トイレに入って仕掛けていることが多い。温泉施設の女性更衣室で小型カメラをタオルで覆って周囲をウロウロするという手口は2年ほど前にかなり流行りましたね」

このような女性協力者を使った映像は商業的に使われることがほとんどで、「P」などの違法動画サイトに上がっているケースが多いという。

「女性協力者は犯行グループに高い報酬で雇われているため、逮捕されたときも口を割らないといいます。振り込め詐欺のように組織化した盗撮行為の取り締まりを強化することが、フリーランスで盗撮する個人の盗撮犯への抑止効果にもつながるでしょう」

続いては「協力型」です。これは女性の協力を得ないと難しい「トイレ盗撮」や「風呂盗撮」があげられます。

店員さんものでも女性の協力を得て撮影したものもありますよね(全部の作品に協力者がいるわけではありませんが、逆さHEROさんや復活のPさんなどが有名だと思います)

ちなみにここで紹介されている「T」とはどこなのでしょうか。作風から「盗撮ジョーカー」ではないかと思っています。一方の「P」はできたばかりのPcolleかと思いましたが、知名度でいうと「PEEP FOX」や「PEEPING EYES」が無難なところでしょうか。

「フリーランスで盗撮する個人の盗撮犯」ってすごい表現ですよね。先日、匿名掲示板でも話題になっていましたが、逆さHEROさんなどは単価と販売本数を考えると、相当な金額を稼いでいるのではないかと言われています。

「盗撮がビジネスになる」というのは、けっして良くないことなのでしょうが、「需要があるところに供給が生まれる」原則を考えると、けっしてなくならないのだろうなと思います。今、この記事をお読みの貴兄も「自分がパンチラの興味がなくなる」って考えられないですよね(私もそうです/笑)