【Pcolle】ましゅまろほいっぷさんの『ほいっぷ11〜15』まとめ

ほいっぷ12

最近はTwitter(@peepingmag)でいろいろな方と交流する機会が増えてきました。

TwitterにはPcolle等のプラットフォームで販売をされていない撮り師さんが多くいらっしゃいます。それらの方は交換や個人販売などで取引をすることも可能です。

運が良いと現役の「校内撮り」をしている方と知り合うことも…。

さて、今回はましゅまろほいっぷさんの作品から『ほいっぷ11〜15』までをまとめて紹介します。

【Pcolle】ましゅまろほいっぷさんの『ほいっぷ6〜10』まとめ

2017.09.19

ほいっぷ11

~撮影~
放課後遊びに行く二人組JK。
モデルの娘はスタイルが良く、生綿ボーダーおぱんちゅ。
サテン生地を履いていそうな佇まいなのに、中身は綿Pと意外でした。
階段を降りる際の顔同時フロントが見どころになるかと思います。

ファストフード点などで前のめりになったところを逆さ撮りされちゃう女の子って多いですよね。生パンですし、あまりパンチラを意識していないのでしょうか。

ほいっぷ12

~撮影~
今作は4K撮影したものをFHDサイズにしてます。

2人組JKのダブル生 白サテンパンチラです。二人とも白サテンを履いてる結構奇跡的な状況に立ち会えました。見分け方はショートカットかセミロングかでして、ショートJKは紫バッグ、セミロングは黒バッグというところです。セミロングJKはメインで撮影した娘になります。

のっけは姿撮りから始まり、すぐにメインの娘の最高撮れ高のシーンになります。毛穴まで見えそうなくらい接写し外の光も相まって光量抜群のシーンとなってます。

そのあと、階段昇るシーンなのですが、二人とも生白サテンなのでダブル生パンチラを拝めます。

終盤にも階段でのダブル生パンチラを拝み、メイン娘の接写へと移行します。

ファストフード店特有の狭い急角度の階段は絶好のパンチラスポットです。

都内各所では「用がない場合は入店お断り」のような貼り紙があるところも多いですよね。私も何度か制服JKの後ろを鞄を持った男性が上っていくのを見かけたことがあります(笑)。

ほいっぷ13

~撮影~
今作は4K撮影したものをFHDサイズにしてます。

2人組JKのツインテールの娘が今回の主役です。うーん、おぢさん受けが良さそうな、、おぢさんのことがあながち嫌いではない、むしろ興奮しちゃう みたいな雰囲気のある
娘だなぁと思いました。仕草も可愛い。ツインテールっ娘の中身も、、、うん、良いおぱんちゅ。お尻の形も綺麗で食べちゃいたい。
彼女たちを追いかけ、私が入れなさそうなカフェに入っていったので、そこまで撮り続けました。

撮り師さんの活動地域が近い人は親近感がわくものです。私はましゅまろほいっぷさんが撮影している場所はほぼ分かるので妙な親近感を覚えます。

「今、ここに彼ら(撮り師)がいるかも」と想像すると興奮しますよね。

ただ、この場所は正義が異常に多いために気をつけなければいけません…。

ほいっぷ14

~撮影~
今作は4K撮影したものをFHDサイズにしてます。

2人組JKを追い撮りしました。メイン娘はスクバ、リュック娘は重ねです。
まずメインの娘から。見てください、この短いスカートで生なのにスクバ。ガードの意識が無いんでしょうねぇ。
それでは、ということでずぅーっと後ろから攻め続けました。車内ですが光量はばっちり入るときも多いので
結構な撮れ高になりました。個人的に好きなシーンは、1:51:19。よぉぉぉくクロッチ部分を見てください。画面に
目がひっつくくらい見てると、、、なにやら筋のようなものが透けて見えませんか。私には筋が見えました。
そして車内終盤で最高の光量を神様から賜りました。ちょうどお尻を突き出してるようなシーンなので。。

重ねの相方なんですが、こちらはこちらでビッチ感といいますか、顔は炉が入ってて巨乳ちゃん。
だらしなく はだけたシャツがエロ担当ということを誇張してくれています。

お友達と一緒の女の子は趣味レベルが合うことからスカートの中の様子(警戒心)も同じことはよくあります。同時に一方は生、一方は重ねということも少なくないようです。

パンチラ動画において、ルックスの差が多少しかない場合、主役は「生パン」の子になります。

ほいっぷ15

~撮影~
今作は4K撮影したものをFHDサイズにしてます。

2人組JKを追い撮りしました。
ショートカットの娘がメインです。やはり外で撮ると光量が違いますね。ばちっとカメラの高画質さを引き出してくれます。彼女の前に回り込んでフロントを。風が結構強めの日だったんで、フロント全開しちゃいます。
もちろんバックも全開しちゃうシーンもありまして。

バックあり、フロントあり、風パンチラありという充実っぷりです。

ましゅまろほいっぷさんも書かれていますが、外で撮ると光が全然違いますね〜。

何も知らずにパンチラを撮られまくるJKというのがたまりません。

編集後記

Twitter記事からましゅまろほいっぷさんの作品をまとめて紹介しました。

記事を書いている途中でましゅまろほいっぷさんの作品がすべて廃盤になるということが起きました。記憶が正しければ「ほいっぷ21」まであったと思います。

引き続き、当サイトのTwitter(@peepingmag)もよろしくお願いいたします。