DIGITENTS(デジテンツ)のサポートがちょっと残念だった件

パンチラ動画愛好者が使っているサイトといえば、Gcolle, DIGITENTS, Pcolleです。

おそらく多くの正規品を求める方は、このいずれかのプラットフォームを選んでいるのではないでしょうか。そもそも、ここ数年はGcolleの独壇場だったパンチラ業界ですが、当局の取り締まりによって締め付けが厳しくなったことが発端です。

そこに、かねてCtoC(Gcolleのような消費者間の取引)をビジネスにしていたDIGITENTSが受け皿になりました。

しかし、手数料体系、サーバ環境などに不満を持つ人も多かったタイミングで、またまた新たに登場したPcolleに人が移っているのが2017年現在の状況です。

今後どのような流れになっていくのかというところで、DIGITENTSさんのサポートが残念に感じたできごとがありました。

 

パンチラ動画あるある「ダウンロードしたファイル紛失」

パンチラ動画を見る人の多くがやってしまうミスのひとつが、ダウンロードしたファイルの紛失です。

私も、たまにですがやってしまいます。

ダウンロードしたファイルの取扱いを間違えて削除してしまったり、はてはダウンロードすること自体を忘れていたり(1ヵ月に一度まとめてチェックしているため)。

各プラットフォームはダウンロード期限があり、それを過ぎるとダウンロードできなくなります。

そんなときは、プラットフォームに連絡して再ダウンロードできるように手続きしていただきます。

今回もそれでした。

 

DIGITENTSのサポートに拒まれる

しかし、今回、DIGITENTSさんからそのサポートを拒まれてしまいました。

実はこれまでに1回、2回ほどお願いしたことがあります。そのときは、システムの都合上再ダウンロードができないため、金額分ポイントを補填していただき、再購入できるようにしていただいておりました。

そのことは申し上げたのですが、今回は受け入れられずといったところです…。

ダウンロードの期限が切れたコンテンツに関しまして、ご希望の場合、再購入できるように処理はさせて頂いておりますが、ポイントを補充すると言うことは、行っておりませんので再度ご確認いただければと思います。

また、当サイトでポイントを補充する場合につきましては、購入後、何らかの理由でコンテンツがご覧いただけなかった場合、通信のエラーによりコンテンツが重複して購入されてしまった場合等に限っておりますので合わせてご確認ください。

もちろんこちらに非があるのは百も承知ですが、競合と比べるとサービスレベルが劣るという印象が否めません。

今後、DIGITENTSさんを目の敵にするということはありませんが(元々少ないですし)、どこにユーザーが流れるかという点においては、とても参考になる一件でした。

同時に、違法ではないパンチラプラットフォーム(そもそも「パンチラ動画は合法なのか」という問題がありますが)のあり方について、勉強になったのでした。